家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法の制定から10年。私たち女性は本当の幸せを感じることができたでしょうか?未来を担う子供たちは心身ともに健やかに育っているでしょうか?幸せな家族の姿を取り戻すために、男女共同参画行政がもたらしたさまざまな問題に女性の視点で迫ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女共同参画局に抗議を!

第3次男女共同参画基本計画は男女共同参画会議の答申と「具体的施策の提案募集」の結果を踏まえて、政府が最終案をまとめ、閣議決定されます。このままでは、またもや反対意見が封殺され、答申内容がそのまま決定されるかもしれません!

答申内容と計画策定の進め方について、抗議のメール/FAXを送りましょう。また、意見募集の結果を尊重するよう要望しておくことも大切です。

家族を守ろう!「なでしこ日本」の抗議文を紹介しますので参考になさってください。

【送り先】
 内閣府男女共同参画局FAX: 03-3592-0408
 同HP「ご意見・ご感想」窓口:
 https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0001.html
 ※FAXの方が多くの人の目に触れるので効果が大きい。

【抗議文】
内閣府男女共同参画局御中

第3次男女共同参画基本計画策定についての抗議

平成22年9月10日
家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法制定から10年、女性の社会進出が進むにつれて我が国の家族は崩壊の一途をたどり、そのしわ寄せを受けてきたのは紛れもなく子供と高齢者であることを日々のニュースから思い知らされます。私たちは、専業主婦が家庭や社会において健全な次世代形成に大切な役割を果たすと考え、幼い子供の母親までも賃金労働に駆り出すべく制度・教育を誘導する男女共同参画行政のあり方に重大な危惧を抱くものです。

特にこの度、第3次基本計画の策定に当たっては、民意を蔑ろにし、国民の意識の変革まで図って、強引にフェミニズムイデオロギーを反映させる男女共同参画会議の手法は目に余るものがあり、このような基本計画案をそのまま閣議決定することは、到底容認できるものではありません。

よって、以下の点について男女共同参画局および男女共同参画会議に対し断固抗議いたします。

①男女共同参画基本計画は国民生活に直結する問題であるにもかかわらず、特定の団体だけに意見募集の呼び掛けを行い、一般への告知は男女共同参画局のホームページのみであった。

②男女共同参画会議中間整理についての意見募集に多数の反対意見が寄せられたにもかかわらず、ほとんど修正することなく答申を行った。

③特に反対意見が多かった「選択的夫婦別姓の法制化」については、意見募集後の専門調査会で審議された形跡がない。

④国民の過半数が反対する「選択的夫婦別姓の法制化」に対して全く異論がないということは男女共同参画会議のメンバーの人選が特定のイデオロギーに支配されていると考えられる。

⑤答申についての意見募集は「基本計画に盛り込むべき具体的施策の提案」と内容を限定し、答申の趣旨に沿わない意見を初めから排除した。

 
男女共同参画基本計画は、個々の家族のあり方に直接かかわる問題であり、社会に及ぼす影響は計りしれません。中間整理および答申についての意見募集においてどのような意見がどれだけ寄せられたのか数字を公表すること、それに基づいて内容が再検討され、真の国民の声が反映されることを求めます。



私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


関連記事
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

家族を守ろう!「なでしこ日本」

Author:家族を守ろう!「なでしこ日本」
男女共同参画に潜む共産主義フェミニズムの問題に深い関心を寄せてきた女性グループです。私たちは「男女共同参画社会基本法」の廃棄を目指して発信し行動してまいります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。