家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法の制定から10年。私たち女性は本当の幸せを感じることができたでしょうか?未来を担う子供たちは心身ともに健やかに育っているでしょうか?幸せな家族の姿を取り戻すために、男女共同参画行政がもたらしたさまざまな問題に女性の視点で迫ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに女性管理職ありき?

第3次男女共同参画基本計画の答申について、審議に当たった委員が広報誌上で解説しています。男女共同参画会議と政府のスタンスがよく分かりますので、一部抜粋して紹介します。

全文はこちら(広報誌『共同参画』より)
http://www.gender.go.jp/main_contents/category/kyodo/201009/201009_03.html

羽入佐和子男女共同参画会議専門調査会長(お茶の水女子大学長)
GEM(国会議員・管理職・専門職等に占める女性比率等)は109か国中57位と日本の順位は著しく低い。(略)高等教育を受ける女性の割合からしても、女性の社会的活躍の割合が低いことは社会的な損失といえる。そこで、意欲と能力のある女性が活躍できる環境の整備が必要なのである。しかもそれは単に女性の働きやすさを実現するだけではなく、老若男女それぞれが生きやすい環境の整備になるはずである。この意味を込めて、今回の専門調査会報告書では、とくに「男性と子どもにとっての男女共同参画」を一つの重点分野として独立させた。
 一人ひとりの人間が自らの生き方を選択でき、その上で、互いの生き方を認め合い多様性を容認できることは男女共同参画社会の基盤である。このことはまた、「男女共同参画」の「普遍性」を示しているともいえる。(引用おわり)


高学歴女性が増えているのに管理職になる人が少ないのは、日本では学歴や能力に関係なく仕事や地位より家庭や子育ての方を大切にする女性が多く、高学歴の女性ほど夫が高収入で専業主婦になれるからです。これ以上女性が働きやすい環境を整えたからといって女性管理職が増えるとは考えられません。女性の意欲と能力を子育てに生かすことが「社会的な損失」だというなら、次世代形成の軽視と言わざるを得ないでしょう。

そして低所得世帯では、母親が嫌でも小さな子供を預けてパートに出ざるを得ないのが現実。女性の雇用環境を整える前に大黒柱の男性の収入を安定させ、子育て家庭の支援を強化して、母親が働かなくても済む環境を整えるべきです。それどころか、エリート女性の優遇政策で大黒柱のポストを奪われ、配偶者控除まで取り上げられた主婦が「自らの生き方を選択できる」などと言えるはずもありませんし、男性や子供にとってはさらなる受難でしかありません。「老若男女それぞれが生きやすい環境」だとはあまりにも強引な論理です。

「自由な生き方の選択=社会進出」という自分たちだけの価値観を振りかざしながら「多様な生き方を容認できる社会」を目指すという欺瞞と矛盾・・・結局、男女共同参画はふつうの女性やふつうの家族の現実が見えないごく一部の女性のためのものでしかないのです。


鹿島敬男女共同参画会議専門調査会委員(実践女子大学教授)
今年2月の男女共同参画会議で中間整理案の概要を報告したが、仙谷大臣は「挑発的に話させてほしい」と断りながら、こう切り返してきた。「これで、本当に今後5年間に、事態が進展するのですか。全然、エッジが効いていない」
 (略)私たち起草ワーキンググループや専門調査会のメンバーは、「エッジを効かせる」を念頭に置きつつ、基本計画に何を盛り込むべきかを議論し、7月23日の答申にこぎつけた。今度は、エッジを効かせるのは政府の番である。是非、答申内容を踏まえた、男女共同参画が1歩も2歩も前に進む計画を作ってほしい。(引用おわり)


2月の会議の議事録を見ると、仙谷国家戦略担当大臣(当時)はさらに「大企業にも女性の管理職員を何%にしないときには、障害者雇用促進法のような話で賦課金を取るぞぐらいの、極論をすればそういうことまでも含めた、エッジの効いたことを5年間の数値目標とともにやる」と述べています。これはもう、男性差別と言ってよいでしょう。

改造内閣が発足し、基本計画はいよいよ政府内での策定作業が始まります。そして、答申を再検討し、計画案を閣議決定するのは、この仙谷氏が官房長官を務める現政権なのです。このように初めに結論ありきの議論では、意見募集に寄せられた反対意見は再び葬られかねません。意見募集の結果がきちんと計画案に反映されるよう、

あなたも男女共同参画局に声を届けましょう!

【抗議内容】
 男女共同参画局に抗議を!(9月10日記事)参照

【抗議・要望の送り先】
 内閣府男女共同参画局FAX: 03-3592-0408
 同HP「ご意見・ご感想」窓口:
 https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0001.html
  ※FAXの方が多くの人の目に触れるので効果が大きい。


人気ブログランキングへ

私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


関連記事
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

家族を守ろう!「なでしこ日本」

Author:家族を守ろう!「なでしこ日本」
男女共同参画に潜む共産主義フェミニズムの問題に深い関心を寄せてきた女性グループです。私たちは「男女共同参画社会基本法」の廃棄を目指して発信し行動してまいります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。