家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法の制定から10年。私たち女性は本当の幸せを感じることができたでしょうか?未来を担う子供たちは心身ともに健やかに育っているでしょうか?幸せな家族の姿を取り戻すために、男女共同参画行政がもたらしたさまざまな問題に女性の視点で迫ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3次男女共同参画基本計画(案)の問題点

男女共同参画会議の答申にもとづいて、第3次男女共同参画基本計画の政府案が作成され、公表されています。
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/siryo/ki62-1.pdf
(男女共同参画局ホームページより)

男女共同参画局によると、政府案についてさらに基本問題・計画専門調査会の意見をききながら策定をすすめ、年内に閣議決定されるということです。

ここで、第3次男女共同参画基本計画案の問題点について、全体像をまとめておきたいと思います。これらはすなわち、男女共同参画社会基本法がもたらす問題と言い換えてもよいでしょう。


①ジェンダーの視点                                                
男女の特性や性差を認めない「ジェンダー」の視点を前提として、あらゆる分野において男女の比率が異なることが問題視されています。これは、憲法で保障されている「機会の平等」を飛び越えて、男女間の「結果の平等」を目指すものです。また、「ジェンダー・フリー教育」に対する歯止めがなく、第2次基本計画以前に行われていた、男女の区別までなくす不適切な教育が復活しかねません。

②女性優遇制度                                                  
答申では、女性は「指導的地位」を敬遠する傾向があると分析しているにもかかわらず、女性にだけ意識改革や能力開発の機会を与え、ポジティブ・アクション(格差是正措置)やクォータ制(割当制)で女性のポストを確保しようとしています。このような一方的な女性優遇政策は機会均等の原則に反して社会の活力を失わせるものであり、一家の大黒柱たるべき男性のポストを奪うことにもなります。

③推進企業の優遇措置                                              
男女共同参画を推進する企業に対して公共調達や税制における優遇措置行うための法整備を図っています。機会均等の原則を侵し、品質や価格による自由競争を妨げるものです。

④個人単位の制度・慣行                                             
選択的夫婦別氏制度を含む民法改正が必要」と明記され、配偶者控除の廃止、個人別の社会保障制度の整備等、世帯単位から個人単位の制度・慣行への移行を図っており、実質的に家族をバラバラにしていきます。

⑤性別役割分担意識の解消                                           
「男は仕事、女は家庭」といった性別役割分担意識を一方的に問題視するのは、「主婦は家庭内奴隷」という共産主義思想が反映されているからです。基本計画に沿って男女共同参画の視点からの意識啓発や小中学校からのキャリア教育(職業教育)を進められると、専業主婦を否定し、男も女も働き続けるべきだという画一的な教育が行われるおそれがあります。また、お祭など、性別役割にもとづく伝統行事や慣習の破壊にもつながりかねません。

⑥「M字カーブ」問題の解消                                                 
女性が仕事をやめて子育てに専念することを問題視し、母親が子供を預けて働き続けるのが当たり前の社会を目指して、配偶者控除の廃止個人別の社会保障制度の整備等で政策誘導しようとしています。(「M字カーブ」とは、女性の年齢別就業率を折れ線グラフにしたときに、25~35歳の子育て期の就業率が下がり、全体としてM字型のカーブを描くことを言います。)

⑦ジェンダー予算の検討                                             
「ジェンダー予算」とは、「男女共同参画関連予算」のことではなく、「政府の政策策定、予算編成、執行、決算、評価などの全過程にジェンダーの視点を反映した国家予算」を意味します。フェミニストばかりで構成される男女共同参画会議が、すべての省庁の予算配分を「男女の結果平等」の物差しで監視・調整することになります。

⑧人工妊娠中絶に関する法改正                                        
リプロダクティブ・ライツ(産む・産まないを自分で決める権利)を認め、堕胎罪の廃止と母体保護法の中絶要件の緩和に向けた法改正を目指しています。

⑨男女共同参画会議の権限強化                                       
男女共同参画会議を国連女性差別撤廃委員会の国内本部機構と位置づけ、ジェンダーの視点から自国の政策を省庁横断的に監視・調整する権限をさらに強化しています。これまでも、同会議により、国内の民意よりも国際的協調を重視した政策が推し進められてきました。

⑩国連への個人通報制度                                            
国連女性差別撤廃委員会への個人通報制度を含む女性差別撤廃条約選択議定書の早期締結を目指しています。締結されれば、国内の司法判断より国連の委員会の判断が優先され、国の司法権の独立が侵害されることになります。

⑪国立女性教育会館の充実                                          
国立女性教育会館は、ジェンダー・フリーなど、国の施設としては不適切な思想教育を行っています。事業仕分けでも取り上げられたように、広大な敷地と施設の管理・運営は税金の無駄遣いです。


当ブログでも問題点として指摘してきた「選択的夫婦別氏制度」と「人工妊娠中絶に関する法制度」に関しては、政府案では記述が保留になっています。しかし、昨日17日の岡崎トミ子担当大臣の答弁を聞く限りでは、これまでの方針に変化があるとは考えられません。批判を避けるのが狙いではないしょうか。

学校での性教育については、教育指導要領に準じることや、発達段階に応じることなど、第2次基本計画で盛り込まれた歯止めの文言が復活しています。これは、唯一、意見募集の反対意見を取り入れた修正として評価できると思います。
 

人気ブログランキングへ

私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


関連記事
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

すばらしい分析です

はじめまして!
いつもこちらで勉強させて戴いておりますいづのめともうします。
今回初めてコメントを致しました。
実にこの基本法に基づく施策の向かおうとするところの問題点が簡潔にわかり、浮き彫りになったと思います。
つまらない法律があるんですね。費用対効果が非常に悪い施策しか生み出さないと思いました。
これではみんながちっとも幸せになれません。
こんな基本法なんかより、「異性に対し、感謝しそしてやさしくあれ!お互いが異性の支え無くしてありえない存在であることを確認せよ!」だけでいいと思いますが。
私自身は妻にやさしくしているつもりですが・・・感謝とやさしさが足りてないかもしれませんね``r(^^;)ポリポリ

Re: すばらしい分析です

いづのめ様

はじめまして。ご来訪とコメントありがとうございます。

> 費用対効果が非常に悪い施策しか生み出さないと思いました。

「初めにイデオロギーありき」の頭デッカチな人々が、大多数の普通の家庭が何を求めているのかを無視して議論するから、ピントはずれの施策になってしまうのでしょう。

>異性に対し、感謝しそしてやさしくあれ!お互いが異性の支え無くしてありえない存在であることを確認せよ!

おっしゃる通りだと思います。それが本当に幸せな家庭の姿ですね。これから家庭を築く若い方たちにも、そんな普通の幸せを伝えていきたいものです。

これからも、ご感想やご助言をお寄せいただけると嬉しいです。また、このブログは一人でも多くの方に男女共同参画の問題を知っていただくことが目的ですので、是非、情報の拡散にご協力くださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

家族を守ろう!「なでしこ日本」

Author:家族を守ろう!「なでしこ日本」
男女共同参画に潜む共産主義フェミニズムの問題に深い関心を寄せてきた女性グループです。私たちは「男女共同参画社会基本法」の廃棄を目指して発信し行動してまいります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。