家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法の制定から10年。私たち女性は本当の幸せを感じることができたでしょうか?未来を担う子供たちは心身ともに健やかに育っているでしょうか?幸せな家族の姿を取り戻すために、男女共同参画行政がもたらしたさまざまな問題に女性の視点で迫ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タイガーマスク現象」に思う

年末年始、児童養護施設に次々と伊達直人の名を借りたプレゼントが届けられたニュースは、日本中に善意の連鎖を引き起こしました。ニュースに触れたどなたもが子供たちの笑顔を想像し、心温まる思いをなさったことでしょう。

しかし、一方で、この出来事をきっかけに児童養護施設への注目が集まり、子供たちが置かれている状況も明らかになってきました。

「児童養護施設、全国で3万人が生活 5割超に虐待経験」
(産経ニュース2011.1.19 23:16) 
 

厚生労働省によると、児童養護施設は昨年3月末現在で全国に575カ所あり、3万594人が生活している。かつては経済的な理由や親の病気で入所する子供が多かったが、20年ほど前から虐待を受けて入所する子供の数が急増しているという。
 厚労省が平成20年2月に行った調査によると、入所者3万人あまりのうち、虐待経験をもつ子供は53.4%。近年は虐待を機に施設に入った子供たちの間でいじめが起きたり、職員から暴力を受けたりするケースも顕在化しているという。(引用おわり)


このように安住の地を持てない子供たちの出現は氷山の一角に過ぎず、我が国の子育てを取り巻く状況が急激に悪化していることの証左と言えます。

「子供の楽園」日本

幕末から明治にかけて来日した数々の外国人の記録をもとに当時の日本人の様子を描いた『逝きし世の面影』渡辺京二著(葦書房)には、彼らが日本を「子供の楽園」と呼んでいたことが記されています。

「一般に親たちはその幼児を非常に愛撫し、その愛情は身分の高下を問わず、どの家庭生活にもみなぎっている」「彼らほど愉快で楽しそうな子供たちは他所では見られない」(オランダ海軍教育隊長カッテンディーケ)

「日本の子供はけっしておびえから嘘を言ったり、誤ち(原文のママ)を隠したりはしません。青天白日のごとく、嬉しいことも悲しいことも隠さず父や母に話し、一緒に遊んでもらったり癒してもらったりするのです。」(英国公使フレイザー夫人)

「日本人は確かに児童問題を解決している。日本の子供ほど行儀が良くて親切な子供はいない。また、日本人の母親ほど辛抱強く愛情に富み、子供につくす母親はいない。」(米動物学者モース/大森貝塚の発見者)

「どの子もみんな健康そのもの、生命力、生きる喜びに輝いており、魅せられるほど愛らしく、仔犬と同様、日本人の成長をこの段階で止められないのが惜しまれる。」(仏海軍のオランダ人スエンソン)


小さな子供は抱かれたり背負われたりして大切に育てられ、体罰によるしつけは残酷だと考えられていました。両親は子供を残して出かけることはなく、どこへでも連れて行くので、子供は大人の礼儀作法を自然に身につけたと言います。

また、「数え年」とは、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる月数も勘定に入れた数え方です。古来、日本のお母さんにとって、子育てはおなかの中から始まっていたのです。おなかの赤ちゃんに語りかけたり音楽を聴かせたりする「胎教」も、日本では古くから行われてきたことでした。

未来の親を育てる

重要なのは、ここに登場する心やさしき親たちもまた、同様に大切に育てられてきたのだということです。かつて我が国が世界に誇った治安の良さも、このような人間形成にささえられていたのです。

小宮山洋子厚生労働副大臣は「タイガーマスク現象」について「関心が高まっているのを機に、社会的養護を充実させたい」と述べ、政府は早速、児童養護職員を増員する方針を打ち出しました。傷ついた子供たちに手厚いケアが求められるのは当然です。しかし、残念ながら、対症療法だけでは「未来の親育て」まで含めた根本的な解決にはいたりません。

子供たちをどのように守り育てていくのか、西欧の後を追い続けてきたことへの反省も踏まえ、日本の子育ての原点に立ち戻って考えるべき時が来ているのではないでしょういか。


人気ブログランキングへ

私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


関連記事
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

国会質疑でも・・・

2月2日の衆議院予算委員会で社民党の阿部知子議員が、同記事と同じく、「タイガーマスク現象」と『逝きし世の面影』の内容を取り上げて、日本が子供を大切にしてきたことを強調し、子ども手当の上積み分を保育園の整備に充てるべきだと主張していました。
しかし、西洋人が驚きと称賛の眼差しを向けたのは、子供たちが父母のもとで何よりも大切に育てられている様であり、公費での集団保育を進める政策は筋違いではないでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

家族を守ろう!「なでしこ日本」

Author:家族を守ろう!「なでしこ日本」
男女共同参画に潜む共産主義フェミニズムの問題に深い関心を寄せてきた女性グループです。私たちは「男女共同参画社会基本法」の廃棄を目指して発信し行動してまいります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。