家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法の制定から10年。私たち女性は本当の幸せを感じることができたでしょうか?未来を担う子供たちは心身ともに健やかに育っているでしょうか?幸せな家族の姿を取り戻すために、男女共同参画行政がもたらしたさまざまな問題に女性の視点で迫ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下より励ましのお言葉

震災被害と福島原発の状況はさらに深刻なものとなり、昨日は、天皇陛下から国民へ励ましのお言葉が下されました。私たち皆が心をひとつにして災害に立ち向かうための縁(よすが)として、お言葉の全文を掲げさせていただきます。

天皇陛下メッセージ
 
 この度の東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0という例を見ない規模の巨大地震であり、被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。地震や津波による死者の数は日を追って増加し、犠牲者が何人になるのかも分かりません。一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。また、現在、原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています。

 現在、国を挙げての救援活動が進められていますが、厳しい寒さの中で、多くの人々が、食糧、飲料水、燃料などの不足により、極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。その速やかな救済のために全力を挙げることにより、被災者の状況が少しでも好転し、人々の復興への希望につながっていくことを心から願わずにはいられません。そして、何にも増して、この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄々(おお)しさに深く胸を打たれています。自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々、諸外国から救援のために来日した人々、国内の様々な救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います。

 今回、世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き、その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。これからも皆(みな)が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆(みな)が、様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。

 被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体(からだ)を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。


朝日新聞によると、「御所は15、16日の計画停電にあわせ、両日とも数時間、自主的に電気のブレーカーを落としている」そうです。私たちも、陛下のお心を自分のものとして、心と力を合わせていきましょう。

今は被災地への物資供給が最優先です。食糧、燃料、生活必需品の買いだめは控え、多少の不自由は甘受することで被災した方々を支えましょう。

被災者支援は、個別に行われるとかえって現地の混乱を招くことになります。救援物資提供ボランティアは、各自治体が被災地の要請に応じて取りまとめていますので、まず、都道府県に問い合わせるようにしましょう。

亡くなられた方々のご冥福と、被災地で寒さと不安に耐えていらっしゃる方々、危険を顧みず任務にあたる方々のご無事を心よりお祈り申し上げます。


関連記事
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

10兆円

男女共同参画を廃棄すれば10兆円もの税金を今回被災された方たちのために使うことができます 即刻廃棄!!

Re: 10兆円

ミズムラ様、ご来訪とコメントありがとうございます。

この国難にあって、男女共同参画やジェンダーフリーなどと、口にするのもはばかられますね。命がけで任務にあたる自衛隊や消防隊の方々と「日本の救世主に」と送り出す奥様方に夫婦の理想の姿を見た方も多いのではないでしょうか。

> 男女共同参画を廃棄すれば10兆円もの税金を今回被災された方たちのために使うことができます 即刻廃棄!!

男女共同参画関連予算の中には、復興のための財政出動に回すべきものがたくさんあります。ただし、「10兆円」と言われている予算の大半は、高齢者介護費や保育費、子ども手当など、男女共同参画の有無にかかわらず歳出されるものなので、男女共同参画基本法廃棄だけでは不十分です。事業仕分けで関連事業を個別に検討の上、レンホウさんにバッサリ切っていただきましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

家族を守ろう!「なでしこ日本」

Author:家族を守ろう!「なでしこ日本」
男女共同参画に潜む共産主義フェミニズムの問題に深い関心を寄せてきた女性グループです。私たちは「男女共同参画社会基本法」の廃棄を目指して発信し行動してまいります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。