家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法の制定から10年。私たち女性は本当の幸せを感じることができたでしょうか?未来を担う子供たちは心身ともに健やかに育っているでしょうか?幸せな家族の姿を取り戻すために、男女共同参画行政がもたらしたさまざまな問題に女性の視点で迫ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなる?専業主婦の年金保険料

専業主婦の年金保険料については、厚生労働省が「夫の厚生年金保険料の半額を負担したとみなす」という案で検討に入り、ひとまず、実質的な保険料負担は回避されそうです。しかし、受給は夫婦別々となり、第3次男女共同参画基本計画に示された「社会保障制度を世帯単位から個人単位へ」という改革の方向性は変わりません。

厚生年金、専業主婦が半分受給…支払者とみなす
(読売新聞 9月29日12時5分配信)
 
厚生労働省は29日、サラリーマンや公務員世帯の専業主婦が、夫が支払う厚生年金などの保険料の半分を払ったとみなし、夫が受け取る厚生年金などの受給額の半分を妻の基礎年金に上乗せする仕組みに改める方向で検討に入った。

 同省は改革案を29日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会に示し、2012年の通常国会に関連法案を提出する考えだ。

 サラリーマンや公務員世帯の専業主婦は、保険料を支払わないのに基礎年金を受け取ることができる。この第3号被保険者制度には「専業主婦優遇だ」という批判がある。3号の保険料は年金加入者全体で負担しており、3号の夫の保険料だけでなく、共働きや単身者の分も主婦への年金の原資になっているからだ。政府・与党が6月に決めた社会保障・税一体改革成案でも見直しを求めている。

 厚労省は見直しに向け、夫の保険料を増額したり、妻に保険料を求めたりする案や、妻の基礎年金を減額する案を検討していた。しかし、理解を得るのは困難だとみてこうした案は見送る一方、保険料支払いと年金受給とを対応させる形をとるため、今回の改革を実施することにした。
 

年金は現役世代が支払う保険料によって前世代を支える仕組みです。専業主婦は、保育園などの公的支援を受けずに、自力で次世代を育てていることを忘れてはならないと思います。「改革の足踏みだ」とフェミニストからの反発も予想されますので、今後の成り行きを注視していきましょう。



人気ブログランキングへ

私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


関連記事
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

主婦年金救済法案はバーターとしてあるのでしょうかね。臨時国会で提出とか・・・

新聞記事より引用:
専業主婦の保険料の未納期間を国民年金の受給に必要な加入期間として扱うが、年金額には反映させず、代わりに直近10年分まで保険料の追納を認め、年金額を増やせるようにすることが柱。
:引用終わり

追納して増やして半分こ?良くわかりません。それより社保庁の使い込みはどうなったのでしょうかね。

日本政府は借金で首が回らないはずですが、公的資金がとても必要になる方策を敢えて採る、良識のない政府(自民党時代から)だなと、本当に情けなく思います。

そもそも女性の労働社会進出を推進することが最大の目的だったのに、少子化と労働力不足と税金減収の対策に注力するようになって、なぜか余計に「先ずは補助金を」になっている部分がありますね。
「共同参画」の意図が、一般女性の皆さんに応援を呼びかけていた頃とは様変わりしたことを、みんな知らないのではないでしょうか。(或いは表と裏の顔をもっていたが、表しか知られていない?)
バックボーンになっている男女共同参画が、理に叶っている(合理的且つ平等的)なら何も言いません。
しかし、理詰めでいくと声を荒げて理想を語る以外に手が無くなったのは、仕分け作業で皆さんがご覧になった通りで(笑)、推進したらとんでもないことになると、反対せざるを得ません。

やはり「共働きしないですむ社会」の構築こそが、未来の国民に手渡して喜ばれるすばらしいお土産だと思います。
主婦でも主夫でもいいですから、自他共にお金が掛からない方法を考えるべきだと思います。普通に分析すればそういうことになるはずですが。

あと親孝行先祖孝行すること。

そのほうが「らく」ですし、「しあわせ」だと思います。偏見と言われるでしょうけれど。

Re: タイトルなし

いづのめ様

コメントありがとうございます。

> しかし、理詰めでいくと声を荒げて理想を語る以外に手が無くなった

おっしゃる通りです。(笑)

男女共同参画を進めてきたのは、男性と肩を並べて活躍したいと考えるごく一部のエリート女性です。「理想」といっても、そういう少数派の願望でしかありません。彼女たちには、家族の幸せを生きがいとするような普通の女性の気持ちが読めず、女性はみんな自分たちと同じ生き方を望んでいると勘違いしたのだと思います。

そもそも、やりがいや幸せを感じられるような仕事に就ける人がどれだけいるのでしょうか?IT化と女性の進出によって労働市場は荒され、夫の収入だけでは生活が難しくなっているのが実情です。若いお母さんたちはいやでも子どもを預けて働かざるを得ないのであって、できることなら、自分の手で子どもを育てたいのが本音ではないでしょうか?

男女共同参画社会は、こんな空回りをつづけた揚句、少子化と労働不足の解消のために、「女性も外で働いてもらう」ということになってしまったようです。しかし、どこの職場もIT化が進み、人間の労働量は大幅に減っているはずなのに、本当に労働力不足の時代がやってくるのかも疑問です。

本気で女性の幸せを考えるならば、男性の収入を確保し、家族全体が幸せになれる政策を目指してほしいものです。

>どこの職場もIT化が進み、人間の労働量は大幅に減っているはずなのに、本当に労働力不足の時代がやってくるのかも疑問です。

そうですね。
たぶん男性同様に肉体労働をしたくてうずうずしていらっしゃるのだと思います。
桃太郎ならぬ桃子を創作して、おばあさんを山へ柴刈りに行かせて得意げだった人達ですから(笑)
桃子はCIAのような活動を通じて鬼を思想的に懐柔し、内部クーデターを起こさせ、仲良しになって解決しましたが。
下記のお話しはごもっともでありました。
引用
http://masasix.blog.so-net.ne.jp/2006-12-02

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

家族を守ろう!「なでしこ日本」

Author:家族を守ろう!「なでしこ日本」
男女共同参画に潜む共産主義フェミニズムの問題に深い関心を寄せてきた女性グループです。私たちは「男女共同参画社会基本法」の廃棄を目指して発信し行動してまいります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。