家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法の制定から10年。私たち女性は本当の幸せを感じることができたでしょうか?未来を担う子供たちは心身ともに健やかに育っているでしょうか?幸せな家族の姿を取り戻すために、男女共同参画行政がもたらしたさまざまな問題に女性の視点で迫ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ終了のお知らせ

ブログを始めたのは、昨年8月。当時、内閣府で策定中だった第3次男女共同参画基本計画の問題をひとりでも多くの方にお伝えし、その背後にあるフェミニズム思想家族の崩壊を招くことを知っていただきたいとの思いからでした。

内閣府へのパブリックコメント提出を呼び掛けた際には、たくさんの方がご協力くださったにもかかわらず、担当大臣が多数の反対意見にも耳を貸さない強硬姿勢を貫いたため、女性の継続就労推進夫婦別姓制個人単位の税と社会保障制度など、従来の家族のあり方を崩す政策がふんだんに盛り込まれたまま、向こう5年間の施策を定めた基本計画が決定しました。

しかし、それから一年、わが国は未曾有の大災害に見舞われ、私たちは「本当に大切なものは何か」という問いを突きつけられました。男女共同参画の大宣伝に踊らされていた人々の中からも、家族地域の大切さを痛感したという声が聞かれるようになり、「今年の漢字」には「絆」が選ばれました。震災直後から、ちょっとした結婚ブームも起こっています。

大自然の脅威を前に「家族解体=個人尊重」といった浅はかなイデオロギーは急速に力を失ったかのようです。

政府は基本計画に沿って配偶者控除の廃止主婦の年金保険料負担などを検討してきましたが、反対の声が強く、来年度の改正は見送られました。短時間労働者(パート主婦など)への厚生年金適用拡大に向けた法案提出の方針が明らかになっていますが、保険料を負担する雇用側と、雇用者による労働時間制限で収入が減る可能性があるパート主婦の双方から反対があり、成否は不透明です。保育所の拡大は着実に進められていますが、箱モノが増えても保育士の数が絶対的に不足していて、待機児童は解消されないばかりか、保育環境はかえって悪化している現状が伝えられています。

結局、5ヶ年計画は、計画実現への確かな道筋がほとんど見えないまま、初年度を終えようとしているのです。

また、以前は「預かり保育の拡充」一辺倒だった子育て支援策が、「ワーク・ライフ・バランス」へと、わずかながらも家族の絆を重視する方向に舵を切っていることも事実です。「幼保一体化」で議論を呼んでいる「子ども子育て新システム」も、働く女性だけでなく、専業主婦も含めた包括的な子育て支援システムであることが強調されています。

2004年、世界平和研究所中垣陽子主任研究員(当時経済企画庁から出向)は、「全ての子育て家庭に向けた経済的支援の拡充」という論文の中で、「家庭の形や働き方にニュートラルな、育児そのものに対する経済的支援こそが、最も効果的な支援策たりうる」と、預かり保育という現物支給から手当の支給へのシフトを提案しています。保育所利用者の母親の平均月収は15万円程度であるのに対し、保育にかかるコストは全年齢平均でも月約10万円、0歳児では月約30万円と、費用対効果が非常に低いだけでなく、全体の約3割というごく一部の入所児にそのような高額な公費が投入されるのは不公平だと、現行の保育制度の矛盾を鋭く指摘しているのです。

国の子育て支援策が「ライフスタイルに中立に」と銘打ちながら、いかに専業主婦を排し、仕事と育児の両立支援策に偏ってきたのかは当ブログでもお伝えしてきたとおりであり、中垣陽子氏の提案は、私どもの主張と全く一致しています。そして、その中垣氏が、現在、内閣府男女共同参画局調査課長に就任なさっていることに、私どもは大きな期待を寄せております。


さて、これまで、男女共同参画にまつわる様々な問題を取り上げて参りましたが、第3次基本計画の問題点を明らかにし、皆様にお伝えするという所期の目的は一応達成されたものと考え、以上をもちましてブログを終了させていただくことといたします。

ご来訪下さった皆様、情報の拡散にご協力下さった皆様、また、温かいコメントを寄せて下さった皆様方、心より御礼申し上げます。

なお、家族を守ろう!「なでしこ日本」は、男女共同参画社会基本法の廃棄を目指し、これまで通り活動を続けて参りますので、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。


男女共同参画行政の問題点を指摘してきた記事をまとめておきます。
 本日の記事の参考にもなりますので、是非ご一読ください。

・男女共同参画社会が目指す〝M字カーブの解消〟とは
・男女共同参画で少子化は止まらない
・それでも「女性の社会進出」にこだわるのは?
・異議あり!「母親の就業で税収アップ」
・保育行政を考える
・配偶者控除の行方
・主婦年金見直しへ
・どうなる?専業主婦の年金保険料
・国連勧告は錦の御旗?

人気ブログランキングへ

私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


関連記事
スポンサーサイト

| HOME | 次の記事へ >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

まとめ【ブログ終了のお知らせ】

ブログを始めたのは、昨年8月。当時、内閣府で策定中だった第3次男女共同参画基本計画の問題をひとりで
この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

家族を守ろう!「なでしこ日本」

Author:家族を守ろう!「なでしこ日本」
男女共同参画に潜む共産主義フェミニズムの問題に深い関心を寄せてきた女性グループです。私たちは「男女共同参画社会基本法」の廃棄を目指して発信し行動してまいります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。