家族を守ろう!「なでしこ日本」

男女共同参画社会基本法の制定から10年。私たち女性は本当の幸せを感じることができたでしょうか?未来を担う子供たちは心身ともに健やかに育っているでしょうか?幸せな家族の姿を取り戻すために、男女共同参画行政がもたらしたさまざまな問題に女性の視点で迫ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災に学ぶ家族の姿

震災は、余りにも多くを奪いながら、私たちに本当に大切なものは何かを問い続けています。日本子守唄協会理事長・西舘好子さんは、産経新聞(4月18日付)への寄稿で、避難所への慰問を通して実感した「母親が守る家庭と家族の大切さ」を訴えていらっしゃいます。

母親がつなぐ「絆」の本質 
 
 未曽有の大震災から一カ月が過ぎた。

 神戸の震災で避難所に流れていた子守唄(うた)から生きる力をもらったというメールが協会に寄せられ、その思いを被災地に届けたい、と慰問隊を編成した。浄土宗の報恩明照会では日頃から「心の寺子屋」活動という巡回事業があり、その応援を得て避難所となっているお寺にいる皆様にまず歌を届けようとなった。

 震度6強の余震があった8日早朝、メンバー5人は、長靴姿、食料持参で車に乗り込んだ。東北道に乗る。福島に入ってからは停電のためドライブインのトイレは洗面所の水も出ない。スタンドでの給油も無理。その先が通行止めとなっている古川で高速を降りて一般道を通り、宮城・気仙沼まで走る。道はでこぼこで亀裂を生じ、橋では迂回(うかい)を余儀なくされる。東北は「満身創痍(そうい)」ということを目の当たりにした。

 気仙沼の「浄念寺」に着いたのは夕刻4時、玄関で女の子たちが遊んでいる。その手に猫が一匹。「この猫おなかが大きいの」。1千キロに及んだ被災地の旅で動物を見たのは後にも先にもこの1匹だけだった。

 避難生活を続けている40人あまりの被災者の皆さんの間に入り、子守唄や唱歌を歌う。東北の春はまだ遠く寒さは厳しい。お寺の畳と障子、並んでいる仏像に守られている空間にあるぬくもりが少し被災者の心を和らげていると感じた。

 被災者の皆さんが聴きたいのは故郷の歌だという。「大漁節」「さんさしぐれ」などがリクエストされ、手拍子があちらこちらから始まった。

 被災者も一緒に歌い、涙が頬をつたった。妻子を流されたという男性は「遠い先祖の声が励ましをくれるようだ」といった。先祖が、祖母が、が、歌ってくれた子守唄がこの大災害で心底役に立ったと思う。

 行って本当に良かったと思う。子供はどこでも元気だし、その元気が大人たちの頑張る力になっている。「家族が一緒にいられてうれしい」「お母さんが居てくれるだけでいい」。避難所で聞く子供たちの声は「家庭不在」になりつつある日本社会への大きな警鐘のように思えた。停電が続く夜、闇の中を野外の仮設トイレに手をつないでいく母子の姿があった。

 豊かさとは何か。物質や金銭では代えられない多くのことを感じ、味わい、愛や苦しみを、笑いや泣くことを、母親が家庭の中で子と一緒に紡いでいくのが本当の生きる姿ではないのではないだろうか。貧しくても家には母親がいてほしい、生と死をつなぐのが「絆」の本質なら、今一度声を大にして「母よ家庭に戻れ」と言いたい。

 現代は人の世も心のありようも自然すらも危険と隣り合わせ、子にとって母親が自分を守っていてくれる家庭こそが希望と安心の光なのではないだろうか。

 平時にはその重要さが分からないが、日本の精神の底力を支えたのは「家族」という意識だ。大災害は暮らしの中で刺すような冷たさで散らばっている日常のさまざまな「貧しさ」を浮き彫りにさせ、私たちに本当に生きる豊かさとはなにか、を教えているのかもしれない。


人気ブログランキングへ

私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


日本の心を取り戻す

東日本大震災から一ヶ月。激震と大津波がもたらした惨禍は語るに余りあり、福島第一発電所の原発事故はいまだ解決の道筋が見えません。それでもなお、悲しみと不安をこらえて助け合い、厳しい避難生活に耐えていらっしゃる被災者の方々に対し、畏敬の念を抱かずにはいられません。

このように非常事態においても秩序が失われることのない日本社会のあり様に世界からも驚嘆と称賛の声が上がっていることは、皆様ご存じのとおりです。

また、わが身をかえりみず任務を全うした人々の尊い志やそれを支える家族の思いは私たちの心をとらえて離しません。

防災無線で最期まで住民に避難を呼びかけ続けて津波にのみ込まれた役場の女性職員、原発事故現場への決死の出動命令に全員即応したハイパーレスキュー隊、それを「日本の救世主になって下さい。」と送り出した覚悟の夫人、「大丈夫?無理しないで」と気遣う夫人のメールに「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?」と応えた自衛隊員など、メディアに載ったエピソードだけでも数えきれないほどです。

月刊誌『明日への選択』4月号(日本政策研究センター)は、「未曾有の大震災は、今日の日本人に対して日本という国や日本人のあり方を目に見える形で提示し、その一方、日本と日本人はこのままでいいのかとの根本的な問いかけを発しているように思える。」と指摘し、次のように分析しています。

 今回混乱のなかでも示された、礼儀正しさ、相手への感謝の思い、助け合いと団結の精神、家族の強い絆・・・・・これはまさに「日本人の美徳」そのものと言えるのではあるまいか。
(中略)
 自衛隊や消防隊は実際行動を通して、自己犠牲をいとわず任務を遂行せんとする勇気と使命感・責任感というものを日本人に示してくれた。日本国家を支えているのはまさにこういう人たちなのである。
 こうして示された日本人の美徳、勇気や自己犠牲の精神は、決して一時の産物ではない。産経新聞の古森義久記者によれば、大震災後にワシントンで開かれた討論会「日本の悲劇=危機から分岐点へ?」のなかで、日本の文化や社会を専門とするジョージタウン大学ケビン・ドーク教授はこう指摘したという。
「日本国民が自己犠牲の精神で震災に対応した様子は広い意味での日本の文化を痛感させた。日本の文化や伝統も米軍の占領政策などにより、かなり変えられたのではないかと思いがちだったが、文化の核の部分は変わらないのだと思わされた。」(産経新聞・三月二十五日)。
 ドーク教授は、大震災での日本人の対応は、占領政策によっても変わらなかった日本の「文化の核」だと言うのである。この指摘を自衛隊や消防隊の奮闘ぶりに当てはめれば、教育勅語は失効させられたが、「一旦緩急あれば義勇公に奉じ」の精神は死んではいなかったと言うことも出来よう。
 思えば、美しい四季と豊かな自然を持つ日本は、同時に世界有数の自然災害多発国でもある。(中略)
 この過酷な自然条件のもと、我々日本人の祖先は、何度も様々な自然災害に見舞われつつも、何千年にもわたってこの列島で生きてきた。それは同時に、そうした災害を何度も何度も乗り越えてきたということを意味する。つまり、今回の災害は未曾有の規模ではあるが、われわれの先祖が乗り越えてきた道でもあると言える。
 その意味で、自衛隊や警察などが現場の奮闘で示しつつある使命感や勇気も、多くの被災者が示している美徳も、日本人のDNAともいうべき歴史的に培われてきた日本人の資質であり、今度の震災にあってもその精神が変わることなく発揮されているとも言えるのである。
 言いかえれば、今回の津波から避難する住民を誘導して殉職した警察官のような日本人が過去に何人も存在し、また困難な任務であっても「自分がいきます」と応じる日本人が何人もいたからこそ、今日の美しい国が築かれたとも言えよう。


震災によって失われたものの大きさは量り知れません。しかし、それと引き換えに、私たち自身も忘れかけていた大切なものに気づくことができたのではないでしょうか。多くの方々の犠牲に報いるためにも、日本人本来の心を取り戻し、日本再生の糧としなければなりません。


人気ブログランキングへ

私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


日本中に勇気と感動を与えた答辞

22日のNHKニュース映像・・・卒業式で涙で顔をクシャクシャにしながら健気(けなげ)に答辞を読み上げる生徒の姿に、誰もが釘付けになりました。

気仙沼市立階上中学校卒業式答辞より

「階上中学校といえば防災教育」と言われ、内外から高く評価され、十分な訓練もしていたわたくしたちでした。

しかし、自然の猛威の前には人間の力はあまりに無力で、わたくしたちから大切なものを容赦なく奪っていきました。

天が与えた試練というにはむご過ぎるものでした。

辛くて、悔しくて、たまりません。

しかし、苦境にあっても天を恨まず、運命に耐え、助け合って生きていくことが、これからのわたくしたちの使命です。

階上中学校卒業生代表 梶原裕太


梶原君は、時々涙で声を詰まらせながらも、立派に答辞を読み終えました。「天を恨まず、運命に耐え」と、歯を食いしばって苦境に立ち向かう決意の言葉は人々にどれだけの勇気と感動を与えたことでしょう。

階上中学校は、過去に幾度も大きな津波被害を経験し、総合学習で「総合防災訓練~未来の防災戦士たち」という実践的な防災教育に取り組んでいました。平成19年度には、消防庁の「防災まちづくり大賞」の優良事例に選ばれています。
(消防防災博物館「防災まちづくり大賞」)

「悔しくてたまりません」とは、学校、地域を挙げての努力とそれにもとづく使命感があればこそ絞り出された言葉だったのです。

人間力、家族の力、地域の力、国の力が試されるのはこれからです。このような若者が育っている限り、日本は必ず立ち直ることができると信じます。


人気ブログランキングへ

私たちは、「美しい日本をつくる会」の男女共同参画社会基本法の廃棄を求める署名活動に賛同し、ともに行動してまいります。基本法の問題点について詳しくご覧になりたい方、署名にご協力いただける方はこちらへどうぞ。
http://www.utsukushii-nippon.org/(美しい日本をつくる会ホームページ)


天皇陛下より励ましのお言葉

震災被害と福島原発の状況はさらに深刻なものとなり、昨日は、天皇陛下から国民へ励ましのお言葉が下されました。私たち皆が心をひとつにして災害に立ち向かうための縁(よすが)として、お言葉の全文を掲げさせていただきます。

天皇陛下メッセージ
 
 この度の東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0という例を見ない規模の巨大地震であり、被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。地震や津波による死者の数は日を追って増加し、犠牲者が何人になるのかも分かりません。一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。また、現在、原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています。

 現在、国を挙げての救援活動が進められていますが、厳しい寒さの中で、多くの人々が、食糧、飲料水、燃料などの不足により、極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。その速やかな救済のために全力を挙げることにより、被災者の状況が少しでも好転し、人々の復興への希望につながっていくことを心から願わずにはいられません。そして、何にも増して、この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄々(おお)しさに深く胸を打たれています。自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々、諸外国から救援のために来日した人々、国内の様々な救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います。

 今回、世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き、その多くに各国国民の気持ちが被災者と共にあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。これからも皆(みな)が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆(みな)が、様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。

 被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体(からだ)を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。


朝日新聞によると、「御所は15、16日の計画停電にあわせ、両日とも数時間、自主的に電気のブレーカーを落としている」そうです。私たちも、陛下のお心を自分のものとして、心と力を合わせていきましょう。

今は被災地への物資供給が最優先です。食糧、燃料、生活必需品の買いだめは控え、多少の不自由は甘受することで被災した方々を支えましょう。

被災者支援は、個別に行われるとかえって現地の混乱を招くことになります。救援物資提供ボランティアは、各自治体が被災地の要請に応じて取りまとめていますので、まず、都道府県に問い合わせるようにしましょう。

亡くなられた方々のご冥福と、被災地で寒さと不安に耐えていらっしゃる方々、危険を顧みず任務にあたる方々のご無事を心よりお祈り申し上げます。


東北関東大震災

被災された皆さまへ心よりお見舞い申しあげます。
すべての日本人が応援しています。

がんばれ東北!! がんばれ日本!!

一人ひとりができることから始めましょう。



家族を守ろう!「なでしこ日本」一同


«  | HOME |  »

プロフィール

家族を守ろう!「なでしこ日本」

Author:家族を守ろう!「なでしこ日本」
男女共同参画に潜む共産主義フェミニズムの問題に深い関心を寄せてきた女性グループです。私たちは「男女共同参画社会基本法」の廃棄を目指して発信し行動してまいります。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。